スタッフブログ

京都市中京区 - 鳴門鯛焼本舗さんのたい焼き 【今日の差し入れ vol2】

代表 坂尻秀樹
代表 坂尻秀樹

京都市中京区 - 鳴門鯛焼本舗さんのたい焼き 【今日の差し入れ vol2】

代表の坂尻です。
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。


今回は、「今日の差し入れ」シリーズ第二弾です。
ハイペースで更新していきたいところですが、なかなかうまく行きません。

さて、今日は、寺町方面で打ち合わせがありましたので、帰りの道中「スタッフの差し入れ何にしよかな・・・・」と物色してる時に、鳴門鯛焼本舗さんが目に飛び込んできたので、すぐさまたい焼きを購入!!

ファイル_000.jpeg

今日は割りと空いてました。たまに通りかけたときは、10人ぐらい並んでるときもあるので、タイミングが良かったかもしれません。ちなみに、白髪の方は玉置浩二さんではありません。

ファイル_001.jpeg

ここの鯛焼きのポイントは2度焼きしてるところです。
なので、生地の表面がカリカリパリパリです。
※写真は2度焼き待機中のたい焼き。

ファイル_003.jpeg

生地がカリッと焼きあがっていて、中のアンコが見た目以上にタップリ入っていて、食べごたえがあります。
鳴門鯛焼本舗さんの鯛焼きは、十勝産あずきと、鳴門金時芋の2種類から選ぶことができて、今日はあずきの方を購入してきました。

焼き立てホカホカの鯛焼きをゲットできたので、スタッフたちもしばしの休憩を楽しむことが出来たようです。
いつも頑張ってくれて、ありがとうね。

お店の情報

  • 所在地: 京都市中京区石橋町6(三条通寺町東入る)
  • 時間: 11時00分~23時00分
  • 電話: 075-221-3399

差し入れシリーズに投稿できそうなネタが結構あるのですが、なかなか投稿が追いついてません。

でも頑張って投稿していきますので、また次回をお楽しみに!


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。