「広告収入の激減」の記事をよく拝見しますね。

最近、暗い話題しかありませんが、これも世界不況の流れでしょうか。
大手の企業や媒体のCMを始めとする広告収入の激減が世間で大きく取り上げられています。
昨日のYahooニュースではカフェスタの課金の話題も・・・。
あまり当社とは絡みのない大企業は、広告費の使い道にもかなりナーバスになっているんだと思います・・・。

私の好きなカテゴリーで言えば、先週ホンダがF1の撤退を発表しました。
すごく残念な発表でしたが、ここ最近の活動(成績はもちろんプロモーション活動も)を見ていると、正直当たり前の結果かなと感じましたが・・・。
ただここ最近の投資はかなり期待感のあるものだったので、来年(もし参戦していたら)がすごく楽しみでした。

しかし、今のF1は膨大な費用がかかるので、広告費云々のレベルでは株主たちも納得しなかったでしょう。
広告のレベルだけで言えばもったいないの一言です。
企業のトップは、行く先を見据えて会社をより良い方向へと舵取りをしなければならないので、今回の福井社長の記者会見を聞いてすごく納得しました。
会見の中にもあった、「中長期的に見た決断で、4~5年後にはこの決断が正しかったことを歴史が証明すると思います。」という言葉にすべてが集約されている気がしました。
性能抜群のエコカーをドンドン開発し、ホンダの一人勝ちっていう時代になっているかもしれないですね。

 

今の厳しい世の中・・・・・うまく切り抜けた企業が、物凄く力のある会社へと成長しそうな予感がします。


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。