10期目を迎えることができました。

10期目を迎えることができました。

代表の坂尻です。いつもお世話になります。

本日、株式会社リアライズは、2016年12月5日をもちまして、設立10期目を迎えることができました。
これもひとえに、皆さまからの多大なるご支援及びご愛顧の賜物であり、心より深く御礼申し上げます。

私が2007年12月5日に法人成し、その時に「10期目を迎えるときにはこうなっていたらいいな・・・」という目標には、まだまだ50%ぐらいしか達成できていないので、私自身も深夜まで制作業務に携わる日々を送っております。
しかし、スタッフや協業してくださる仲間たちが徐々に増え、好きなことも楽しめる素晴らしい毎日を過ごせている現状に非常に満足しております。

これまでウェブ制作会社を運営して感じた、「制作会社が求められるポイント」としましては、
・デザイン力、技術力
・スマートフォンやタブレットPCといった、革新的なツールへの対応力
・クライアントや代理店からの要望に応じた企画力
・数ある制作会社との競争から生き残ること
といった内容が挙げられます。
先ほど申し上げた、クリアできた目標の一部には、こういった内容が含まれると思います。

しかし、弊社は営業活動を一切行っていないので、売上の浮き沈みには時折苦労しますし、また、残りの目標の50%はクリアできていない状況でもあります。
ましてや、目標を達成したと思っている50%すら、自己評価し過ぎかもしれません。

そんな中、本日10期目を迎えることができたのは、沢山の評価を頂いたクライアント様、代理店様のご愛顧はもちろんのこと、多少なりとも「運」が影響しているのではないかと感じております。

次の目標は、20期目となる2025年12月5日を迎えること。

これからの10年は、その「運」だけでは生き残れません。

生き残るには、達成できていない50%の目標を100%にする必要があります。
そのためには、
・新しい仲間をみつけること
・見つけた仲間を育てること
・見つけた仲間、これまでの仲間に成功を還元できること
・お客様に喜ばれることを常に探求すること
といった、アドベンチャーな要素が必要不可欠です。

今後は、それらの目標に向かってトライ&チャージを繰り返し、地域に影響力のある企業として発展すべく、ベンチャーでは無く、アドベンチャーな企業として邁進してまいりたいと思います。

これからも株式会社リアライズを末永くご愛顧頂ますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016年12月5日
株式会社リアライズ
代表取締役 坂尻秀樹


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。