スタッフブログ

リアライズ
リアライズ
リアライズ
リアライズ

絶対おすすめ!MovableTypeのPHP化

MovableTypeはテンプレートによって形成されます。

テンプレートには、表示させるヘッダーや、フッター、カラムなどブロックや内容を「メインページ」、「アーカイブページ」、「カテゴリーページ」、「月別ページ」など各々のソースに記述しなければなりません。

各ブロックや内容が変更した場合には、各ソースを修正しなければなりませんでしたが、PHP化することで、その作業を大幅に短縮することが可能になります。

Movabletypeには、「モジュール」という機能が備わっています。
そのモジュール機能を利用し、左カラムや、ヘッダー、フッターをパーツ化します。
パーツ化が完了すれば、後は各ソースにMovabletypeのコードを記述します。

<strong>記述例= <$MTinclude Modules="生成したモジュール名" $></strong>

各ソースに上記のコードを記述し、再構築します。
ブログを確認すると問題なく表示されているはずです。

次回から修正を行うときは、生成したモジュールを修正すれば、すべてのページが反映され、いたって簡単に作業のロスを軽減することが可能です。

この辺りもMovabletypeの大きな魅力の一つだと思います。


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。