スタッフブログ

リアライズ
リアライズ
リアライズ
リアライズ

プラグインやモジュールについて

今日出社してメールチェックしていると、外国ですがMTのプラグイン開発をされているMT-HACKSさんから新しくリリースされたプラグインのお知らせが来ていました。
ここのサイトは便利なプラグインがたくさんあって、結構利用させていただいています。

今回のプラグインは「mtforum」といって、MovableTypeにフォーラム機能を付加できるプラグインのようです。
ドネーション(カンパみたいなものを徴収して提供)ですが、SNSに必要な機能が満たされているようで、どんなシーンで有効活用できるのか大変興味のあるプラグインです。
早速GETしてテスト環境に導入してみようと思います。

MovableType本体がMT3からMT4にアップグレードされたことで、昨今のプラグイン開発事情は単にブログを補助するためのものではなく、サイト管理ツールやSNSとしての補助的なものが多く、実装すれば拡張性や機能性にすぐれた便利なMovableTypeを手に入れることが可能です。

あとMovableTypeもそうですが、ショッピングサイト構築ツールのZENCARTも本家のサイトをたまに見てるとバージョンが1.38まで進んでいて(日本語版は1.31)、それに対応した便利なモジュールもかなりリリースされています。
本家のサイトは全て英語なので、実際にどんなモジュールか判断できないものもありますが、今話題のドロップシッピングの機能を実装できるモジュールもあるようです。

 

と、色々長々と書きましたが、
当社の案件は9割近くMovableTypeが絡んでいて、お客様の要件やニーズに併せたカスタマイズやプラグインの導入にかなり力を注いでいます。
これらの機能を一から開発しようとすれば、かなり高額な費用が発生しますし、サイトへ実装したいといっても予算がオーバーしてしまい断念してしまったお客様も多いとおもいます。
しかしこういった機能がオープンソースなどで実装可能であるならば、かなり予算を抑えて導入することが可能なので、クライアント視点からすれば見逃すわけにはいきません。

当社もお客様の目線に立って、コストを出来る限り抑えつつ必要な機能を実装できるようなサイトを提供したいと思っているので、これからもいろんなサイトに目を凝らしながらの日々が続きます・・・・・・・・。

最後に、
こういったプラグインやモジュールを開発されている方々には大変感謝しております。
ありがとうございます。


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。