スタッフブログ

リアライズ
リアライズ
リアライズ
リアライズ

巷のブログでも盛んに話題になっている「ページの表示速度」について。

今年中にはページ表示速度もSEOの大きな要因になるということなので、
コーディングにおける軽量化はもちろん、一つ一つ画像のサイズから利用するJavascriptまで、細かく丹念に作りこむことが非常に重要になると思います。
そしてGoogleのウェブマスターツールでは、すで表示速度をスコアリングするサービスが展開されていて、ツールに登録したウェブサイトの表示速度を日々確認できるようになっています。

 

webmastertool_1265607078946_s.jpg

「速い」に越したことはないですが、「じゃ~遅い場合はどうすんねん」ということになります。

そこで、上記ウェブマスターツールには「Page Speed browser add-on」という、Firefoxの「Firebug」というアドインと連動したツールがすでに公表されていて、2つともFirefoxにインストールすると「どいうった要因で表示速度が遅くなっているか」を確認できます。

今日までのSEO対策も当然重要なのですが、それに加えてサーバーのポテンシャル、コーディングの制度、画像作成時の配慮などすべての要素が判断材料になるので、SEOに関してはより高度な技術が要求されるわけで、WEB屋さんの技術力が試される時代になりそうです。


現在コメントは受け付けておりません。ご了承ください。